旬の料理

肉料理の第四弾。

“肉専用黒ワイン”。
カーニヴォに合わせる肉料理の第四弾。
牛バラ肉と大根のビール煮」。
炒め物、揚げ物ときたところで煮込み料理を一品。

鍋で1cm角に切った玉葱と、粗微塵に切った生姜を玉葱が透き通るまでオリーブオイルで炒め、ビールと水、ケチャップと砂糖、醤油と牛肉の顆粒だしを入れ火にかけます。
そこに大きめにカットし、表面に焼き色をつけた牛バラ肉を投入。後は「ことこと…」。
1時間程たったところで大根を入れ、全体的に約2時間煮込みます。
隠し味に味噌を少々、味を整えたら出来上がり!ほろほろと柔らかい牛バラ肉を頬張ると、後からビールの「ほんのりほろ苦さ」が追いかけてくる一品。

この週末は黒船家でワイン片手に肉料理色々如何でしょうか?
皆様のご来店心よりお待ち致しております!

IMG_6252

肉料理の第三弾。

“肉専用黒ワイン”。
カーニヴォに合わせる肉料理の第三弾。
「牛肉とキノコの“オイバルサミコ”ソース」。

焼肉サイズにカットされた牛赤身肉と、食感の楽しい舞茸、エリンギ、そしてシメジを“オイバルサミコソース”でサッと炒めた、酸味とコクのバランスのとれた一品です。

「ん?オイバルサミコ?」と気になった方もいるのでは?
“オイバルサミコ”とはオイスターソースとバルサミコ酢で作ったソースです。
バルサミコ酢だけでは酸味がたちすぎてしまうので、オイスターソースでまろやかさとコクをプラス。
ブラックペッパーでパンチを利かせ、“肉専用黒ワインカーニヴォ”に合う一品に仕上がりました。
渋さはそれほど強くないカーニヴォですが、“黒ワイン”とうたうだけあって、飲まれたお客様皆様、お口の回りや歯を、普通の赤ワインよりいっそう黒くされて帰られます。

どれ程黒くなるのか気になる方は、是非とも黒船家ヘ!
黒船家では28日金曜日から3月1日の日曜日まで11周年記念イベントと致しまして、生ビール半額、ボトルキープ¥1000offとさせて頂きます。

皆様のご来店心よりお待ち致しております!

 

おでん、まもなく終了

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ春めいて来ましたね。

黒板メニューの入れ替えの為、3月1日の日曜日をもって、今シーズンのおでんの販売を終了させて頂きます。春めいたメニューを随時展開予定。

大将特製おでん!まだ食べてない、もう一度あの味を!と思われた方は、急いで黒船家ヘ!

ご来店お待ち致しております。

肉料理の第二弾

“肉専用黒ワイン”カーニヴォに合わせる肉料理の第二弾。
“牛肉とパプリカの花椒炒め”。

黒船家では珍しい、牛肉を使った一品です。
牛肉とパプリカを炒め、オイスターソース薫る特製ソースを絡め、花椒を利かせた仕上がり。
花椒のスパイシーさが“黒ワインカーニヴォ”にベストマッチ!
どんな感じになるのか気になる方は、是非とも黒船家ヘ!

当黒船家は皆様のおかげをもちまして、来月3月1日に開店11周年を迎えさせて頂くはこびになりました。
ささやかではございますが、日頃からの感謝を込め、今月27日の金曜日から3月1日の日曜日の3日間、生ビール半額、ボトルキープ¥1000offとさせて頂きます。
今後も女将共々、黒船家を宜しくお願い申し上げます。
皆様のご来店心よりお待ち致しております!

(null)

肉専用“黒ワイン”カーニヴォ

“肉専用黒ワイン”。
なんともインパクトのある表現ですよね。
カーニヴォはカリフォルニア産のフルボディの赤ワイン。

オークから由来するトースト香と、エスプレッソやチョコを思わせる完熟したブドウを感じられ、程よいタンニンと余韻の長いスムーズな口当たりのこのワイン。
肉料理に合わせても負けない力強さを持っているので、あえて“肉専用”。
赤ワインでありながら、あえて“黒”と表現。
なんとも興味深いですよね。

黒船家ではこのワインに合わせる肉料理を展開中!
まず第一弾は「手羽先の黒胡椒揚げ」。
一般の手羽先と違い、ブラックペッパーがガツンときいた食べごたえのある一品。
ワインとの相性も抜群!

さぁ黒船家でいつもと違うテイストを感じながら赤ワインあじわってみませんか?

(null)

(null)

平日にご友人やご家族とゆったりどうぞ

師走ですね。何かと忙しいこの時期、忘年会の予定も沢山あるのでは?
黒船家でも週末は若干の余裕はあるものの、お陰様で沢山の予約を頂いておりますが、平日にはゆとりがございます。

平日にゆったり黒船家にご友人やご家族でほっこりしにいらっしゃいませんか?
「おでん」や「芽キャベツのポトフ」、「ぶり大根」等あったか料理をご用意させて頂いております。

年内にあと一回黒船家ヘ!
皆様のご来店をお待ちしております。

IMG_5898.JPG

IMG_5899.JPG

IMG_5900.JPG

大将特製!手作りつくね串

これも黒船家冬の定番、大将特製!「鶏つくね串塩焼き」。
こだわりは、鶏ミンチに使うお肉を「モモ肉」のみ使用。
モモ肉の脂身で旨味としっとり感をプラス。
ふんわり感を出す山芋は粘りの強い「大和芋」で。
すり鉢に鶏ミンチ、卵黄、大和芋とたっぷりおろし生姜を入れ、薄口醤油と味醂で味を整え、粘りが出るまでよ~く混ぜ合わせます。
最後に葱のみじん切りを混ぜ合わせたら、手で丸くかたちを作り昆布出汁の中へ。茹で上がれば出来上がり。

何故冬しか作らないかと言うと、鍋に入れても凄く美味しいので鍋の季節に合わせて仕込みます。
このつくねを入れた鍋も予定しておりますので乞う御期待!
冬も美味しい黒船家、皆様のご来店お待ちしております!

IMG_5878.JPG

IMG_5879.JPG

IMG_5880.JPG

IMG_5881.JPG

あったかおでん始めました!

急に寒くなりすっかり冬ですね。
黒船家では今年も、あったかおでん始めました!

京野菜の聖護院大根をはじめ、玉子、厚揚げ、こんにゃく等、常時10種類程「ことこと…」御用意させて頂いております。

今夜は黒船家で熱燗やりながら、おでんを「ほくほく…」これで1週間の疲れも吹っ飛び、またバリバリ働けるかも?
皆様の御来店心よりお待ち致しております。

IMG_5831.JPG

黒船家オリジナル傘立て

常滑の焼き物散歩道にある、「ギャラリーほたる子」さんにお願いして黒船家オリジナルの傘立てを作って頂きました。

7月の半ばにお願いをしていたのですが、オーナーで作家の小池さん曰く「夏が暑かったからね~」という事で(?)この時期に完成というはこびになりました。

正面真ん中に大きく「黒船家」の文字。
右上と左下にはほたる子さんのトレードマークのお地蔵さんがデザインされています。
裏側には写真では分かりにくいですが、「二升五合」と書いてあります。
これは商売繁盛を願い、「升升(益々)半升(繁盛)」の意味が込められています。

少々憂鬱な秋の雨でも、この傘立てをご覧になりに黒船家にお越しになりませんか?
「安納芋バター」や「牡蠣フライ」、「子持ち丸干しにしん」等秋から冬にかけて美味しくなる料理を色々取り揃え、皆様の御来店心よりお待ち致しております。
【傘立てはギャラリーほたる子さんの店先にて撮影】

IMG_5793.JPG

IMG_5794.JPG

IMG_5795.JPG

IMG_5796.JPG

IMG_5797.JPG

黒船家特製!「蓮根まんじゅう」初仕込み!

毎年この時期になると、作り出す黒船家特製「蓮根まんじゅう」、初仕込みしました。

一度に仕込む量は大体3~4kg程。
まず土を落とすため水洗いして皮を剥きます。
皮剥きした蓮根の3分の2はすりおろし、3分の1をみじん切りにして一度ボイル。
こうすることによって口に入れた時違う食感が楽しめ、より美味しさを感じることができます。

ボールにすりおろした蓮根、みじん切りにした蓮根、ボイルした小海老、卵黄、薄口醤油、味醂、片栗粉を入れよ~く混ぜ合わせ成形し、15分蒸し上げれば出来上がり!
片栗粉をまぶし180℃の油でこんがり揚げて特製餡を掛け、わさびをのせてさぁ召し上がれ!

少々仕込みは大変ですが、ファンも多いこの一品。
今シーズンも頑張って御用意させて頂きます。
まだ召し上がった事のない方は是非黒船家へ!
御来店お待ち致しております。

IMG_5707.JPG

IMG_5708.JPG

IMG_5709.JPG

IMG_5710.JPG

IMG_5711.JPG

豊明市で宴会なら居酒屋「串あげ 黒船家」へ

愛知県豊明市新田町門先7-5 エスペランサ豊明

Copyright© 2013 黒船家 All Rights Reserved.